僕がブラントカットにこだわる理由

.

.

.

.

.

こんにちは、北千住 プライベートサロン BLUE NOTEです!

今回は、少し専門的な記事になりますm(_ _”m)

美容師が使うカットスキルには様々な種類がありますが、

その中でもブラントカットとチョップカットは

一般の方でも知っている人は多いと思います。

.

違いは切る面に対してハサミを横に入れてラインを作るのがブラントカット

切る面に対してハサミを縦に入れてラインをぼかして作るのがチョップカット

それぞれ、メリット&デメリットあると思いますが、

自分が使うのはブラントカットのみです。

.

ブラントカットとは、

毛先の毛流を調整する事ができる唯一のカット。

.

髪は短い方から長い方に流れます。

この原理を利用してカットするのがブラントカット

但し、単純に短い方から長い方に流れるわけではなく

切り込み角度が約30℃を超えると流れにくくなります。

どういう事かと言いますと、

青いパネルが髪の毛とすると20℃というのが切り口の角度。

この状態は髪の毛は短い方から長い方へ流れやすい。

つまり左方向へ毛先が流れやすくなります。

この切り口が30℃を超えると毛流れはバラバラになり易く

良く言うと動きが出てエアリー感が出る。

悪く言うとまとまりずらくなります。

ヘアスタイルによっては、それもありなんですが

それをヘアスタイルやカットする位置によって

コントロールできるのがブラントカットです。

.

ハサミを縦に入れて毛先をジグザグに切るチョップカットには、

毛先に流れを作ることは難しいというのが僕の考えです。

.

ブラントカットで作るクラシカルなヘアスタイルがこちら

2スタイルともブロー無しのドライヤーで乾かしただけ

☆Iさん

弱いクセがあり、軟毛。ドライ毛で広がりやすい。

弱いクセ程度なら、カットのみでもまとまりのあるスタイルになります。

.

☆Kさん

ストレート毛。サイドの毛がタイトになり易い。

Kさんは熱いので短くして涼しげになりたいという事だったので

顎下のボブからバッサリCUT。サイドには丸みを作り

サイドからバックへ自然な毛流れが出来ているのがわかります。

そして、スタイルの持ちがいいこともブラントカットのいいところです。

ではでは、次回の投稿をお楽しみに!

.

.

.

BLUE NOTE,プライベートサロン,北千住 美容院,北千住 美容室,

くせ毛,くせ毛カット,Hair salon in Kitasenju,